結婚指輪をプレゼントするなら今人気のアイテムがベスト

男女

愛の絆の証として

カップル

一生の宝物としても

結婚する時に用意する結婚指輪という存在は、結婚後もつねに身に着けるアイテムであり、愛の象徴としても大切な存在です。そんな結婚指輪ですが、その歴史は古くて9世紀のヨーロッパまで遡り、当時のローマ教皇が妻に指輪をプレゼントしたことが、もっとも古い言い伝えとして残っています。やがてそれをきっかけに貴族の間で結婚の象徴として結婚指輪を利用することがブームとなり、11世紀頃には結婚式で結婚指輪の交換という儀式が定着しました。ちなみに結婚指輪は左手の薬指につけることが一般的ですが、これは古代ギリシャで左手の薬指は心臓と一本の血管でつながっていると信じられていたことが影響しています。カップルが左手の薬指で指輪交換することは、二人の愛が永遠に続き、互いの心を繋ぐといった意味が含まれているためです。そんなロマンチックな歴史のある結婚指輪ですが、日本では江戸時代後期にはすでに指輪の風習は存在していたものの、一般的に流行して広まったのは戦後の高度経済成長期あたりです。その後ジュエリー会社による宣伝やキャンペーンなども盛んに実施されたことも影響し、世の中に定着しました。そしてそれは今の時代まで進化しつつ継続しており、時代の流れとともにその年代にあったデザインやブームなども上手に取り入れつつも、結婚指輪そのものの価値や意味に大きな変化はありません。今も昔も愛の象徴としての役割を担って必要とされており、最近では西洋風の結婚式のみだけでなく、和風の結婚式などでも指輪交換の儀式は実施されています。

Copyright © 2017 結婚指輪をプレゼントするなら今人気のアイテムがベスト All Rights Reserved.